Aberrance Heaven

一醉方休,一夢為殤

« 2018年06月 :  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

为什么你要这么坚强?

其实真的不知道是以什么样的心情来写这篇日记。
也不知道那过去的07年到底意味着什么了。

就在一个小时前吧……小蜜告诉我……ayu左耳彻底失聪了……没有治疗的可能性……

突然无措起来。脑子里出现她在MSSP上唱together when...的身影。
刚看完的时候还说过……ayu那天的状态实在是不怎么好……
原来……事实是这样……

很难过……
我不是步迷,我只是喜欢她的歌声……我喜欢她每次投入的模样……我喜欢她每次都很俏皮的笑容……于是,我对她的爱总是淡淡的……不断徘徊却从来没有消失过的关注……
为什么上天要这样对待她呢……
这样弱小的身体……为什么要承受这样多的灾难呢?

ayu说……其实一年前就已经这样了……
只是她除了干妈谁也没有告诉……
连身边所有的staff也没有察觉……
她就这样一个人……默默的承受左耳失聪的痛苦长达一年……
为什么要这么坚强呢?停一下不好么……没有人会苛责你的啊……
为什么要用宝贵的左耳去换取唱歌的权利呢……
为什么要隐瞒不早一点告诉我们……

ayu说不管怎样还会唱下去……要一直进行直到右耳也不行的时候……
她说我们会成为她的左耳……和她一起走下去……
恩……会的……即使我不是你的饭……我也会成为你的左耳……一直走下去的……

以下是ayu的留言……来源于步盟……
TAT不管怎样……我们都会一直陪你走下去的……

Z3C21W6Z7S_105.png


えっと。。。
No.205 2008年01月05日 (土) 1時13分

みんなからのメッセージの量がものすごいので、
またまたやって来ました。

う?んと、、、、、あのね、、、そうね。。。

私はいつだって、出来る限り、自分の言叶で自分の
想いを正直にみんなに伝え続けてきたつもり。
それは、みんなきっと解ってくれてると思うんだ。


うん。。。そう、信じてる。
だから、、、书くね。
爱する家族达やスタッフ达にも伝えずに、私の胸に
だけ秘めていた事を。。。

いや、、、厳密に言うと违うな。
ママ(ミカジョンの事ね)だけには言った。
左耳が闻こえなくなっている事。




病院に行こうと思ったのは、自分の耳に确実に异変が
おきてるのを感じたから。
それをイヤモニのせいにして、新しいのに作り変えたい
からなんて、周りの人达には言ったんだけどね。

正直、病院で先生から、治す术はない、手遅れだって言われた
时は、头の中が真っ白になった。

ぶっちゃけ私は、心のどこかで、手术なりを受ける时间を
とりさえすれば、また闻こえるようになるんじゃないかって
思ってた。

でも、违った。

あの时の、先生の目は今でも覚えてる。
无念そうな、申し訳なさそうな。。。

だから、私は笑った。

なんでだか解らないけれど、笑って、ですよね?っ!
って言って笑った。
爱するスタッフ达に囲まれた、静まり返った病室のなかで。


でもね、この话を、お愿いだから悲観的にとらえないで
欲しいんだ。

私はこの现実を受けとめた。

そして、绝望なんてしていないし、希望の光がさしてる
事を、どうか解って欲しい。

何故なら、みんなが私の左耳になってくれるって
言ってくれたじゃない。
もっともっと闻こえるように、叫んでくれるって
言ってくれたじゃない。

ね。

だから、私は残された右耳くんと共に、いくよ。
无理なんてしてない。
それが私にとっての幸せなの。

心配无用!!!!!!!!!!!

これからも、このまま走り続けて行くぜ?????!!!
んでもって、一绪に走ろうぜ??????っ!!!!!!






あなたに梦を见せたい。
终わらなくて 消えなくて
そんな梦を见て欲しい。
それが仆の愿いです。




ありがとう、みんな、みんな、みんな。。。
ありがとう、ママ。
ありがとう、


大好きなお姉ちゃん。




行くぜ十周年!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


翻译:
呃……
大家发来的留言的量真是多啊,
现在还在不断的发来。
恩,那个……,是的……
我无论何时都尽可能的以自己的语言将自己的想法
毫无保留的不断传达给大家。
我想大家一定能理解我的。
恩,我是这么相信着的。
所以,我写下了。
即使对热爱着的家人还有staff们都没有说的,
在我心中的秘密……
不对,严格的来说不是这样
只是对mama(ミカジョン,即ayu的干妈)说了。
左耳听不见的事。
想要去医院,是因为确实感觉到自己的耳朵有异变.
尽管我是对周围的人说
是因为耳机的问题做个新的调换什么的。
老实说,当在医院里被医生告知,没有治疗的方法了
已经太迟了的时候,我的脑中一片空白.
可笑的我在心里某处还认为,如果抽出时间接受手术治疗的话
应该能治好吧
但是我错了
那个时候的医生的眼神到现在我都记得
很可惜的,很抱歉的眼神。。。
所以,我笑了,
虽然不知道为什么,但是在笑呢~!
这么说着笑着.
被我爱着的staff们包围着,静静的返回了病房.
但是呢,接下来的话拜托大家不要把它看得很悲观
我接受了事实.
并且,没有感到绝望,而是看到了希望之光,
希望大家能理解,
原因是因为,大家不是都说要成为我的左耳吗?
大家不是都说为了能让我听到,要更大声的呼唤吗?
对吧。
所以,我要与剩下的右耳君一起前进
我不是在勉强自己。
因为那对我来说是幸福的事。
请不要担心!!!!!!
从今往后也会继续这样前进的???!!
恩,一起前进吧!!!!!!

想然你看到梦
不会结束 不会消失的
想让你那样的梦
那是我的愿望
谢谢大家,大家,大家。。。
谢谢mama(干妈)
谢谢,
最爱的姐姐 (注:应该是指不久前去世的natsuki)
一起走吧十周年!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ayu……会好起来的!!
一定会的!!!
同时,四只也要好好的注意保护身体啊!
スポンサーサイト
COMMENT
No title
今天去步盟的时候我看到你在…………
大家都是一样的。
我们选了同个BGM…………也一起愿她好……
No title
淚~
AYU的確很堅強,所以我們也要跟著她一起堅強~
不要太傷心了…我們跟她一起走下去…
No title
她本人想必也忍受了巨大的痛苦.....不过看到有无数人支持她,应该会欣慰
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。